大分移住手帖

自分のライフスタイルを追求して行き着いた日出町での暮らし。

青木 奈々絵

東京で働き、子育てし、多くを都会で過ごしてきた國谷さん。東日本大震災をきっかけに地方への移住を考えるようになり、友人の大分移住を機に自身も移り住みました。現在は別府湾を望む場所でパーソナルケア*サロンを経営されています。移住した先で新しい生き方を作り上げる國谷さんにお話を伺いました

秘境を訪れるなかで出会った「住みたい場所」。

埼玉県出身で、以前は東京・神奈川を中心に活動されていた國谷さん。元々は編集プロダクションに勤め、グラフィックデザイナーとして働いていたそうです。以前から自然療法などを取り入れた活動も並行して行っており、対面でのパーソナルケアやオリジナル製品の販売をされていたそう。結婚、出産を経験し、首都圏で子育てをされていた國谷さんですが、東日本大震災を機に地方への移住を考えるように。そんなとき、友人が大分へ移住したことをきっかけに国東半島を訪れ、移住先として考えるようになったそうです。

大分県の中でも仏の里として有名な国東半島

「10年前、大分に移住した友人を訪ねて、国東半島を訪れました。神秘的な場所だということは知っていたんですが、山を分け入って修験*の場所を訪れたり、いわゆる秘境みたいなところにも連れて行ってもらって、すっかりこの土地に惹かれて、何度も足を運ぶようになりました。その頃から『いつか住むなら、ここだな』と思っていましたね。」

自身の活動のなかでもリトリート*を取り入れ、首都圏の顧客とともに国東半島を訪れるツアーを催していたのだとか。日常と離れて自分自身と向き合う時間は、やはり神秘的なものだったそう。

情報ばかりに頼らず、足を運んで確かめる。

実際に移住するまでには全国各地を訪れ、情報を集めたという國谷さん。地域を比較するというよりは、その土地が自分にあっているか、確かめるような時間だったそうです。

「頭で考えすぎてもわからないことが多いと思うんです。移住してからの仕事や生活、お金のことなど心配になりだすと、頭の中がいっぱいになってしまって不安になってしまったりしますよね。不安要素を作り出すのは自分自身なので、直感を大事にして、自分がわくわくするほうに進むようにしています。」

オリジナルオイルを使ったボディケアが受けられる

移住一年目に感じた体への変化。そんな変化も楽しんで。

移住した当時は環境の変化を体で感じることも多く、國谷さんの場合はアトピーのような湿疹が数か月続くなど、わかりやすく身体に症状が出たそうです。移住した友人のなかにも、環境を変えた一年目は心のバランスが崩れたり、体に異常を感じる人も多かったんだとか。

「日本は同じ国とは思えないくらい、気候も食べ物も、文化もそれぞれ違います。移住した直後は、そんな環境の変化を体が一番感じていたのかもしれません。異変が起きたから『この土地は合ってない』となるのではなくて、『最初はこんな感じだよね』くらいでいいんじゃないかなと。移住したばかりの頃はただでさえ毎日刺激的なので、そんな変化も楽しんでいます。」

現在は中学生の息子さん2人と暮らす國谷さん。サロンとは別に住まいを構え、自然豊かな環境の中で日々生活しています。日出町は駅や学校、スーパーなどの生活施設が近く、不便を感じることはほとんどないそう。それでいて海や山との距離も近いため、子育ての環境としてもとても恵まれていると感じているんだとか。

サロンから見渡す別府湾

ライフスタイルを追求する、時代とともに変わる移住のあり方。

友人知人など、周囲にも地方へ移住した仲間が多いという國谷さん。移住のスタイルは昔と今でだいぶ変わってきたのではないかと、時代とともに変化する移住のあり方を教えてくれました

「以前は『社会を変えたい!』みたいな理想を掲げる人や、何かのしがらみから逃れて地方へ移住する人が多かったと個人的に感じますが、今は自分のライフスタイルを追求して住む場所を見つめ直す人が多いんじゃないでしょうか。社会はますますフラットになって、移住のスタイルや考え方も人それぞれになっていくと思うので、そんな多様性とか変化を受け入れていって、私自身も自分にとって心地よい空間をつくっていけたらなと思っています。」

立ち止まったり進んだり。わくわくすることにチャレンジしていきたい

移住して7年目を迎える國谷さんですが、今後の可能性が広がる展望が見え始めているらしく、自分にとっても新たな挑戦が待ち受けているそうです。自身の活動拠点や、いろんな人が繋がれるようなコミュニティスペースを創造していきたいと考えているんだとか。

「目の前に来たチャンスにただしがみつくのではなく、時には立ち止まったり、人に話してみたりして、いろんなことにチャレンジしていきたいですね。前のめりになりすぎると目の前が見えなくなってしまうので、タイミングとか縁を大切にしたい。これからも自分が心惹かれることに進んでいきたいと思っています。」

最後に

移住という住む場所を変えるという決断は、少なからず不安がよぎるもの。そんなときは、自分のポジティブな気持ちが何よりも不安を拭ってくれるのだと、國谷さんのお話を聞いて感じました。まずは心惹かれる場所に訪れてみる、そして自分の感情に素直に動いてみること。一歩踏み込んだ先には、思ってもいなかったような新しい世界が広がっているのかもしれません。

 

*修験とは、山へ籠もって苦行を積み、霊験のある法力を身につけること。

*パーソナルケアとは、ベーシックケアに肌悩みや好みに合わせてプラスして使う化粧品やお手入れ法のこと。 

*リトリートとは、仕事や生活から離れた非日常的な場所で自分と向き合い、心と身体をリラックスさせるためにゆったりと時間を過ごす旅のスタイル。

取材者情報

お名前
國谷 明子(くにや あきこ)
出身地・前住所
神奈川県
現住所
大分県日出町
年齢
45
家族構成
中学生息子2人と黒猫
職業
セラピー、接客、物販
Webサイト
https://cosmic-sp.jp/royalspace/
WRITER 記事を書いた人

青木 奈々絵

大分県杵築市へ移住。地域おこし協力隊として移住支援活動を行う。国東半島に伝わる七島藺(しちとうい)に惹かれ、工芸の技術を習得し、杵築七島藺マイスターとしても活動している。農家民泊の開業を目指して、築150年の古民家をセルフリノベーションに奮闘中。

記事一覧を見る

POPULAR ARTICLES 人気記事

CONTACT お問い合わせ

運営:おおいた移住計画

運営:大分県